--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --: -- | スポンサー広告 | Page Top▲|

2007/03/07
今日、親父が手術を受けた。

実際、大した事はなかったのだが数日前、母親から「親父がヘルニアの手術を受ける」と聞いた時は流石にびびった。

親父は今まで、ほとんど病気と言うものになった事が無かったから、内心かなり心配した。

しかもヘルニア・・・。

すぐに想像するのが、首とか腰の病気。

手術をしても治る保障は無いと考えたほうが、無難だと思った。

しかし、話を聞いていくうちに、状況は変わる。


母<要は・・・脱腸。


正式には「そけいヘルニア」と言うらしい。

手術を要する病気なので、大事には違いないのだが、ちょっと安心した。

で、今日。

父は、手術の為に前の日から入院、母と妹と私の3人で病院に行ってきた。
前日に私以外の3人が手術の説明を受けており、私は妹からそれを聞いた。介護医療の現場で働いている妹にとっては、日常よくある事らしい、手術自体2時間位で終わるので大した事でないという。

入院時の手続きなどは、妹が全てやってくれた模様、歳の離れた妹が頼もしく見えた。

実際、手術は2時間弱で終わり、先生から説明を受ける。

特に問題は無かったので、土曜には退院できる予定だ。

当初から、大した事はないと言われ続けていたが、心の中で心配はしていた。

これでようやく、晴れた気分になれた様な気がする。
| 21: 52 | 日記・エッセイ・コラム | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

コメント
この記事へのコメント
あ~!前職の職場の人もなりましたよ!脱腸ヘルニア。

30歳の男性でしたが、お腹が痛いとずっと言っていたので、病院に行くように言ったら・・・
「腸が出てるんだって・・・」と・・・。

びっくりしましたよぉ。腸が前に出てくるなんて!と。しかも、手術した次の日に出社してたし。

ともかく、大事に至らなくてよかったですね。
2007/03/13(火) 13:03 | URL | ロバ子 #-[ 編集]
☆ロバ子さま。
この手の病気って幅広い年齢層で起きるみたいですよ、だから治療法もいくつかあって、内視鏡手術だったら日帰り出来るみたいですね。

親父の場合は外科手術でしたが、すぐに退院出来たので安心しました、
2007/03/14(水) 21:31 | URL | すぬお。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sunuo.blog4.fc2.com/tb.php/884-190e1c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。