--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --: -- | スポンサー広告 | Page Top▲|

2006/09/27
北海道の旅、3日目。

北海道で初めての試み、登山をしてみました。

屈斜路湖畔にそびえる藻琴山を、おびやかしてみました(笑)

9月15日

旅行3日目の朝を迎える。

朝起きたら凄くいい天気だ。
快晴とまではいかないが、とにかく空が綺麗。この空を見ただけでも、北海道に来て良かったと思う。

毎年この民宿に来て感じるのだが、とにかくよく眠れる。休みであるのもそうだが不思議とよく眠れるのだ、だから目覚めも良い!

朝食を食べた後、出掛ける準備をする、今日は同じ宿に連泊なので簡単に済ませ、その合間に宿の周りの風景の写真を撮る。

宿の周りの風景1

宿の周りの風景2

毎年同じ風景を撮っているが、こんな風景好きだな。


9時頃に宿を出発、今日は山登りに挑戦。

北海道で初めての山登り、でも普段山登りなんてまずしない私と相方である、いきなり本格的な山登りではない。
今回登ったのは、そこそこ標高があるが短時間に登れる山である。

藻琴山地図

その山は、藻琴山(標高1000m)で、地図によっては標高999mになっているが、1000mの方がキリがいいだろう。
この山が短時間で登れるのは、8合目までは車で行けてしまうという点である。

だから、私たちのような普段山登りをしない人間には、ちょうどいいのである。

宿を出て、川湯温泉街を通って、国道391号と道道102号線を通り、小清水峠を越えるが、小清水峠で標高は700mを越える、この峠の駐車場からも藻琴山には登る事が出来るが、所要時間は1時間位だが、今回はこのルートは使わない。

峠を下り、藻琴山高原温泉の施設の脇に登山口の看板を発見、ここからダートの道を走る。
登山道入口

10分程で8合目に到着。

ここには無人の山小屋がある、車を止め入山届けに記入する。
入山届けに記入するなんて、初めてだからドキドキしたよ。

登山道に入口にはなぜか「バイク進入禁止」看板。
登山道8合目

入る奴いるんか?信じられん。

メジャーな山ではないので、私達のほかに登っている人がいないので、かなり寂しい(笑)

鹿が出ただけでもパニックになる事、間違い無しの状況。

そんな状況の中、30分程で山頂(?)に到着。

しばし休憩・・・。

天気は良いし、眺めも最高である。
屈斜路湖

屈斜路湖も標高が高いところから見ている分また違った見え方がして、感動。

眺め良すぎ

反対側は、東藻琴や美幌の畑やら牧草地が一望である、条件が良ければオホーツク海も見えるんじゃないかな?

山に登った達成感、心地よい風、たまらんよ。

頂上周辺には私と相方の2人きりだったけどしばらくして、おじさんが1人で登ってきた。
そのおじさんは、スケッチブックを持っていたので、絵を描きに来たと思われる。

そして私達は、下山。これも30分位だったかな。

山小屋の脇には「銀嶺水」と呼ばれる湧き水が滾々と湧き出ている。北海道名水百選に選ばれているらしい。
銀嶺水

飲んでみたが、冷たくて非常に飲みやすかった。
とにかく変なくせが無いのがよかった。


そして私達は再び車に乗り移動、次はランチを買いに美幌の街に向かった・・・。


(つづく)
| 01: 28 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

コメント
この記事へのコメント
何かでませんでしたか?
熊ぽいのはw
2006/09/27(水) 10:16 | URL | くろおび #-[ 編集]
☆くろおびさま。

熊はいなかったけど、キタキツネは見ましたよ。
2006/09/28(木) 00:11 | URL | すぬお。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sunuo.blog4.fc2.com/tb.php/803-0446e35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。