--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --: -- | スポンサー広告 | Page Top▲|

2006/04/19
まず始めに、この記事を書こうか正直、悩んだ。

ブログの記事にしないで、心の中で済まそうと思った。この件に関しては沢山の人がいろんな意見を持っているだろうし、これからいろんな議論が交わされるであろう。

これはあくまでも私個人の意見であるので、特に興味がなければ適当に流して結構です。


あの事件の裁判が遂に結審しました。

正直私は、「人権派弁護士」とか「死刑廃止論者」と言われる方達が嫌いです。

なぜ、殺人犯の人権を守らなくてはいけないのですか?

「人権派弁護士」と言いながらも、残された被害者の家族の人権なんてどうでもいいと思っているわけです。

殺人を犯しといたら、それ相応の罪を被るのは当たり前の事です。
しかしながら無期懲役で刑務所で真面目ぶっていれば、何年かで仮出所という形で、世間に戻れるのです。

今回の場合、逮捕当時未成年で名前も写真も公には公表されていません、しかし被告は既に成人しています。

成人している以上、全てを公表しても良いのではないでしょうか?

反省をしていない奴にはまず、社会的制裁を与えるべきだと思います。

加害者が少年であろうが、殺人を犯した事には変わりないので、成人と同等の罪を与えるべきだと思います、少なくとも今回の場合は誰が見たって、被告には更正は不可能でしょう。

なのに、「人権派弁護士」とか「死刑廃止論者」と言われる方達は殺人犯を守るのです。

特に「人権派弁護士」は裁判の途中から被告の救世主のように出て来て弁護を引き受けるあたり、自分の名声と富をあげる為にやっているのとしか思えません。

「人権派弁護士」とか「死刑廃止論者」の方達は自分の愛する家族が殺されても、犯罪者の人権を守ったり、死刑廃止を唱えたり出来るでしょうか?


人を殺しといて、反省すらしない奴には情状酌量の余地は無いのです。


ハンムラビ法典にある「目には目を、歯には歯を」の「同害復讐」の原則の意味を考えてほしいものです。
| 01: 00 | 日記・エッセイ・コラム | トラックバック:0 | コメント:7 | Page Top▲|

コメント
この記事へのコメント
かなり久しぶりにやって来ました。m(__)m

オレ様は同じ意見ですね。
仮に、自分の家族(嫁さんや子供)が殺されたりしても、
その弁護士達は同じように「廃止論」を唱えるのか疑問です。

ちなみに、今我が市内に「神●連続児童殺人」の、あの「薔薇」な人が住んでます。
流れ流れているようですが、数時間のパートのような仕事、
そして昼間はゲーセンにいりびたって生活している状態です。

これ、殺された児童の親は何と思うんでしょうね?
「罪も無い子供を殺した男が、毎日のうのうと生きてる」って事ですよね?
親達はどうすればイイんでしょうね?
2006/04/19(水) 01:23 | URL | キャスバル #N6kp4qTg[ 編集]
刑については
ケースバイケースなのでは無いでしょうか?
情状酌量の余地がある殺人もあると思います。
(例えば不治の病の相手に看病疲れからの殺人とか)
悪意のある殺人については死刑判決もありだと思いますが・・・
日本も陪審員制度導入の動きと、終身刑の見直しが
法務省で検討されてるそうですね。

「神●連続児童殺人」については、納得いきません。
2006/04/19(水) 01:40 | URL | T-Style(るし) #-[ 編集]
死刑廃止ならば、死刑にも匹敵する生き恥をさらしながら、犯人が自分の努力でまわりの信頼を勝ち得ないと生きていけない状況にすべきだと思う。
人権派・・・とかいう奇形左翼みたいなやつらは、被害者の人権が踏みにじられていることをまず認識すべきだ。
「社会的制裁はすでにうけている」
とか、よく言うけど、コンクリ詰め少年のやつらは再犯くりかえしてるじゃない。
「死刑に慎重になれ」というのなら話はわかる。でも、「廃止」を叫ぶやつは・・・・いっぺん、家族を殺されてみろってーの。
2006/04/19(水) 08:34 | URL | すしバー #-[ 編集]
死刑に慎重は賛成ですが死刑廃止には反対です

凶悪な犯罪には死刑でしょう
でも酌量の余地あるものは終身刑


どちらにしろ殺人で無期懲役で仮出所ってのはねぇ
未成年でも
2006/04/19(水) 09:41 | URL | くろおび #-[ 編集]
☆キャスバルさま。
お久し振りです。

そうなんですか、彼がいますか・・・。
キャスバルさんのコメントを読む限りでは、彼の更正が出来たとは今の段階では言えませんね。

結局、今の制度が追い付いていないって事を如実に表していますね。


☆るしさま。
>ケースバイケース
そういう場合もあるでしょう、罪によっては受ける罰に変化があってもいいと思います。
しかし、未成年の凶悪犯罪に関しては、司法がそれ相応の罰を与えるべきだと思うのです。


☆すしバーさま。
人権派の方達は今の更正システムが機能してない事を認識してないと思う。
結局再犯を繰り返すのなら、まわりの信頼も得られるはずも無い。
そんな奴らは一生世間に出て来なくても良いし、助ける必要も無いと思います。


☆くろおびさま。
死刑は極刑ですから、沢山だしたら意味が薄れますからね、慎重には賛成です。
無期懲役を廃止して終身刑を作ればいいと思います。

あと、未成年の凶悪犯罪には、条件付で成人と同等の情報公開をすべきだと思います。
2006/04/19(水) 22:40 | URL | すぬお。 #LAnNr2wA[ 編集]
年齢じゃなくて事件の凶悪性で判断してほしいですよね
2006/04/20(木) 08:40 | URL | くろおび #-[ 編集]
☆くろおびさま。
そうなんですよ、要は犯人の年代じゃなくて何をやったかだと思います。
2006/04/22(土) 18:10 | URL | すぬお。 #LAnNr2wA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sunuo.blog4.fc2.com/tb.php/697-168c4b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。