--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --: -- | スポンサー広告 | Page Top▲|

2005/05/10
初めてブログの存在を知ったのは、仕事中に見たネットニュースに記事だった。

記憶は確かではないが見出しは確か…。

芸能人も続々ブログ人

だったと思う。その記事を読んで「へぇー、そおなんだぁ」と思ったときに自分の中で何か突き動かされる思いだったんだろう。
その週末にさっそくブログ人に申し込んでいた、確か相方が出掛けているか何かで家で1人、ダラダラとやっていたのを覚えている。
プロバイダがOCNというのもあったし、「無料・簡単」決め手になったんであろう。

ただ、飽きっぽい自分がここまでやってこれたのも始めた当時、
自分の中で何らかの形で自分が存在している事を残したい、自分が何を考えているか知ってもらいたい、というのがあったと思う。

それは今でも変わらない、と思いたい…。


それだけだったらブログサービスもわざわざ引っ越す必要もなかったし、少なくとも今年の初めまでは引っ越すつもりもなかった。

それまではブログ人のサービスにはそれなりに満足はしていた。

しかし、ついつい欲は出てくるもので「カスタマイズしてみたい」とか「写真を大きく載せたい」などと考える。
でも有料にアップグレードするのもイヤだったのでそのまま続けていた。

すると巡回先のブロガーさん達がブログ人から他のサービスに引っ越していくのを見ていると…。

自分も…。

と、なるわけだがまだ自分では決断するまでには至らなかったので、とりあえずアカウントだけは取っておく事にした。

その頃からブログ人は肝心な時間に表示が重くなりまともに見れなくなっていった。

それでも自分なりに我慢していた、OCNだからそのうち良くなるだろうと。
でもその考えが甘いと気付くのには時間は掛からなかった、重いのは一向に直らない、まともに更新も出来ない、一時途絶えていたコメントスパムもまた来るようになった。

サポートから発信されるのはユーザーを納得させるには至らないありきたりの説明ばかり。


ある時、頭の中で何かが弾け、「スタイルシート入門」の本まで買ったにも関わらず諦めていたココのデザインをなんとか今の状態までに仕上げて、ログを引越して完了。


ブログ人のスタッフが以前こんな事を言っていたのを思いだした。


ブログ人のサーバは最強ですから…


うぬぼれてんじゃねぇよ!!
最強なんて永遠に続くわけないじゃん、いつかはやられる時が来るんだよ。

最強だからといって、進化をやめたら終わりなんだよ…。


俺育て!虎ヘッド風味:第二部俺がここにいる理由
立ち読みのススメOCNというプロバイダ
にトラックバック。

(しまい)
| 00: 54 | ブログ | トラックバック:0 | コメント:4 | Page Top▲|

コメント
この記事へのコメント
いや、私がブログ人出た理由はもう、突発的なものだったんですけど、いいサービスに出会えたと思ってます。
ブログ人でブログはじめて、色々やりたいことが出て、それを全部やるには月額1200円ってのがなんともやりきれなくなってあきらめたことを思い出しました。

サーバは最強でも、かかわってる人間が最て・・・・・
2005/05/10(火) 08:56 | URL | すしバー #-[ 編集]
結局、優秀なシステムがあってもそれを扱ってる人間がわるいとこういう結果になるのですよね(爆)
2005/05/10(火) 11:27 | URL | くろおび #-[ 編集]
とりあえず本日最強さんがメンテしました。
遅すぎですわね。
やっぱこれだけ悪い環境でもみんな辞めないだろう、みたいに思ってるんでしょうかね。
2005/05/10(火) 20:08 | URL | あるてぃ #-[ 編集]
☆すしバーさま、コメント感謝です。
これでは月額1200円でも立派なぼったくりですね。

☆くろおびさま、コメント感謝です。
そうですね、ハードが良くてもソフトがダメなら意味ないですから…。

☆あるてぃさま、コメント感謝です。
メンテ終わっているわりには重いのは気のせいでしょうか。


2005/05/11(水) 00:08 | URL | すぬお。 #LAnNr2wA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sunuo.blog4.fc2.com/tb.php/446-2f017a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。