--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --: -- | スポンサー広告 | Page Top▲|

2011/12/31
さて、2011年もあと僅かになりました。
本当に激動という言葉がぴったりの年でしたね。

全ては3.11から変わってしまって、世の中の空気がこの日を境に変わってしまった気がします。
なんというか、それまで表に出てこなかった人間の影の部分が炙り出された感じでしょうか。

今年の漢字が「絆」だったようですが、その発表を五山の送り火の為に東北の被災地から送られた松明を、いわれの無い理由で拒否した市民のいる京都でしたとか、皮肉ですよね?
あと、対案も無いのに原発反対や被災地から瓦礫受け入れ拒否の胡散臭い市民団体は要らない。

自分もそうなのかもしれないけど大多数の国民が、自分には関係無いと思い政治や行政に無関心だったのも良くなかったのかと。
無能な政治家や政党や役人を野放しにして、好き勝手にやられた結果なんだと思う。

今年の自分を振り返ると、震災直後の計画停電、夏の輪番休業。これらが一番辛かったわ。
計画停電である日、夜の6時~10時に停電した時、仕事から帰ってきた頃に停電が始まって寒の戻りで寒い中、部屋で奥さんと布団にくるまってひもじい思いをした。
今でも当時の事を思い出すと…。
((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

ごく普通に生活できているはずなのに、何でこんな思いをしなきゃいけないのか、と。

夏の輪番休業は休みが少しずれただけでこんなにリズムが狂うのかと。
今思うと、精神的にも病んでいたかもしれない。

暗いかことばかり書いてしまったが、反面、楽しいこともそれなりにあった。
とにかく旅に出た。6月に京都・奈良・大阪に、8月は北海道と鈴鹿へ。
新しい発見があったり、出会いがあったり、友との楽しい時間を過ごしたりと、嫌なことを忘れられる時間を作ることができたのは良かったです。


月並みだけど、来年こそは皆さんにとっても自分にとっても、良い年になりますように。

良いお年を…。
| 11: 53 | 日記・エッセイ・コラム | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sunuo.blog4.fc2.com/tb.php/1860-3071cea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。