--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --: -- | スポンサー広告 | Page Top▲|

2008/08/24
北海道から帰ってきて1週間、なんだか関東も北海道みたいに涼しくなってしまいましたね。

旅行記を書こうと思ったのですが、ダラダラ書くのも何なので幾つかのカテゴリに分けて書こうかと思います。

まずは温泉。
7日間で9つの温泉に入ってきました。

・オンネトー温泉 景福
足寄から弟子屈に抜けるR241から逸れて、オンネトーに行く途中にある温泉。
以前から入りたかったのですが、今回ようやく叶いました。

DSC03628a.jpg
お風呂は内湯と露天がそれぞれ別の場所にあります。内湯は男女別ですが、露天は混浴です。

DSC03625a.jpg
内湯を覗いてみましたが、なかなか良さそうでした。ただ、今回は露天に入りたかったので諦めました。
DSC03626.jpg
その露天風呂ですが、思っていた通り広いお風呂でした。
お湯は仄かに硫黄の香りがして、温泉に入った気分アップです(笑)
このときは曇り空の中から時々晴れ間も見え、涼しい風も吹いてきてとても気分が良かったです。

最初には行ったときは自分一人だけでボーっとしていたのですが、次第に人が入ってきて落ち着かなくなって来たので退散。

・コタン温泉 某民宿
いつも弟子屈にくると必ずお世話になる民宿。
ここのお風呂は温泉で、近くのコタンの露天風呂と同じお湯。
泊まるたびに入る温泉、とにかく落ち着くお風呂。

・ウナベツ自然休暇村保養所温泉
過去の記事でも時々紹介している温泉。
何度も来ているが、やっぱり入った時に得られるお肌ツルツル感は良い。
唯一の欠点は、風呂が狭いこと。
今回は時期的に結構込んだいましたが、人がいないときに行けばとても落ち着く温泉です。

・羅臼温泉 ホテル峰の湯
今回初めて入ったお風呂、その1。
以前から写真とかで露天風呂が良い感じだったので行ってみました。
お湯は文句無しなのですが、内風呂は少々イマイチ。期待の露天も思っていたより・・・
正直期待はずれ(笑)
個人的には隣の、らうす第一ホテルの方が良いと思います。

・川湯温泉公衆浴場
今回も行ってきました川湯の公衆浴場
相変わらずのパンチの効き具合、お風呂に浸かっていると竜の刺青の入った人が入ってきたwww
今回変わった点といえば、入浴料が250円(前は200円)に値上げしていたことくらいか。

・オーロラファームビレッジ
今回初めて入った温泉、その2。
以前から話に聞いていた温泉で、今回ようやく行くことができました。
標茶からR274を鶴居に向かうと入口の看板が出てくるが、そこから林道を数キロ走らなくてはいけない。しかも途中から結構タイトな道になるので、バイクと自転車はきついかもしれない。
ここはコテージなどを備えた屋外施設で通年営業らしいが、冬に来る時は相当な覚悟が必要かも。
センターハウスで500円を払い説明を聞き、車で更に敷地の奥へ行くと混浴露天と男女別露天の建物がそれぞれ見えてくる。
DSC02540a.jpg
混浴露天が誰もいなかったのでそちらに入ることにした。
お湯はモール泉と思われる茶褐色の湯で、入るとはだがツルツルになる。
DSC02543a.jpg
ツルツル度はウナベツと同じレベルと思ってよい。
DSC02544a.jpg
しかも、道東の原生林を眺めながら入るお風呂は最高である。

また行きたい・・・。

余談ではあるが、カーナビで検索するとバブル崩壊で開発が頓挫したゴルフ場に案内されるので注意が必要である。

・亀の湯
今回初めて入った温泉、その3。
080815_150512a.jpg
弟子屈の中心部からチョット離れた公衆浴場。
しかしお湯はちゃんと温泉である。
凄かったのは、玄関を開けるといきなり脱衣所だったこと。
午後の時間帯で誰もいない上、浴室は電気がついてなく暗かった。
080815_150314a.jpg
しかも電気のスイッチらしきものが無く、番台のおばちゃんもどこかに行っちゃうし(笑)
結局、しばらく浸かって出て来ました。
ちなみにお湯はチョット熱めで、チョット鉱物系の匂いがしたかな。

・三香温泉
屈斜路湖の和琴半島近くにある温泉旅館。
実は昨年末に閉館する筈だったが、売却先が見つからず今も営業中。
ここの露天風呂は最高である、故にファンも多いらしい。
正直、今回は入れるとは思わなかったので、入れてよかったです。
露天風呂は男女別、敷地内で自噴してると思われるお湯はとても良い。
天気はあいにくの雨模様だったが、晴れた日に入ると最高である。

出来ることなら、冬の時期に入りたかった。

・味幸園
以前に紹介したことのある標茶の温泉。
オーロラファーム同様、モール泉と思われる茶褐色の湯である。
しかし、こちらの方が色が濃い。
今回比較して分かったが、ツルツル度はウナベツやオーロラファームよりも上ではないかと感じた。


以上が今回入った温泉の感想であるが、今回近くを通りながら入れなかった温泉が幾つかあったが、今後へ持ち越しになった。
そう思うと、道東には何度でも入りたくなる温泉ばかりだと改めて実感した。
| 01: 20 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

コメント
この記事へのコメント
亀の湯。
こんな共同浴場あるなんて知りませんでした。
9月に狙ってみたいと思います。(^_^)
2008/08/31(日) 00:29 | URL | Uemura #xRe4FZh6[ 編集]
☆Uemuraさま。
私も昨年知りました(笑)
で、今年になってちゃんと営業しているという確証を得られたので行ってみました。
是非、狙ってみてください。
2008/09/01(月) 00:16 | URL | すぬお。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sunuo.blog4.fc2.com/tb.php/1076-29f78775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。