--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --: -- | スポンサー広告 | Page Top▲|

2008/08/30
さて、食べ物編の続きです。

・キンキの湯煮
例年同様、知床羅臼では民宿を営む知人宅にお世話に。

夕食時に出てくるのは、もちろん・・・。
DSC03629.jpg
キンキの湯煮!
もちろん羅臼で獲れた高級魚、普段は滅多にお目にかかれないですね。
最近では漁獲量も減ってきているとかで、将来は本当に幻になっちゃうかも。

お味はというと、言うまでもなく一級品。
この日の夕飯は、海産物をいやと言うほど頂きました(笑)


・べつかいのこめちち屋さん
野付半島のネイチャーセンターで相方が発見した飲み物。
どうやら、牛乳とお米の加工品をブレンドした飲み物らしいです。
P1000945.jpg
P1000946.jpg
先に相方が飲んだのですが、あまり良い顔をしませんでしたw
試しに私も飲んでみましたが・・・。

微妙www

ハッキリ言って、牛乳は単体で飲むべきだと思いました。。。

ちなみに、ここで食べたミルクソフトはとっても美味しかったです(笑)


・根室花まる中標津店
道内には、美味しい回転寿司のお店が多くありますが、個人的には「花まる」はかなりのオススメです。
元々、根室のお店ですが、最近では札幌にも進出しているようです。
今までは根室まで行かないと堪能できなかったのですが、今年に入って中標津に店舗をオープンしたとの情報を入手していた我々は、早速行ってきました。
P1000952.jpg
これからの時期は、秋刀魚です!
もちろん、花まるでは根室で水揚げされた物を使っています。
普段、地元で食べる秋刀魚の寿司とは次元が違うw
気が付いたら、二人でスゲー食ってたwww

ちなみに、道東で回転寿司といえば「花まる」の他に・・・
釧路「まつりや」(敬意を込めて「バカ寿司」)
北見「トリトン」
これらは、鉄板。


・ミルクカフェ ホルスタイン
中標津空港の近くに「道立ゆめの森公園」があります。
初めて行ったのですが、夏休み中でなんだか中標津じゅうの子供が来ているんじゃないかというくらいの混みよう。
その中に「ミルクカフェ ホルスタイン」があります。
DSC02401.jpg
中標津周辺の乳製品を扱うカフェです。
P1000957.jpg
メニューはこんな感じ。
私はミルクもち、相方はヤギのミルクを頂きました。
DSC02403.jpg
ミルクもち、きな粉と黒蜜で頂きます。
温かく牛乳の味がして、美味しかったです。
P1000959.jpg
ヤギのミルク、私も一口だけ飲みましたが少々クセがあるようです。

個人的にはオススメですが、どうやら期間限定の営業らしいので、事前に確認した方が良いと思います。


・生キャラメル2種
旅行中に、ひょんな事から今話題の生キャラメルを食べることができました。
DSC02539.jpg
ひとつは、花畑牧場の生キャラメル。
実は旅行の序盤に、中札内にある花畑牧場に行ってきたのですが、あまりの混雑に驚愕して何も買わずに滞在時間約30分で帰ってきました。
道内の空港でも売り切れ続出で、購入制限があるとか。ちなみに花畑牧場の売店では入場規制がある上、ひとり3個までの制限つきでした。
ちなみに今回この品は、ある方が女満別空港で偶然手に入れたものである。

もうひとつは、知床クローバーハチミツ生キャラメル。
これは私が、中標津開陽台で買ったもの。どうやら中標津周辺の物で作られているみたい。
これも結構売れていたようだが、前者に比べると簡単に買えた。

両方とも、値段と内容量は一緒。
製法はそんなに変わらないだろうけど、確かハチミツの出所が違うんだよな。
花畑牧場のはニュージーランド産のハチミツを使っているんだよね(テレビで見た)
知床クローバーの方は、地元で養蜂しているみたい。
車で移動中、中標津周辺で養蜂箱を良く見かけたのはこのせいか・・・。

実際食べ比べをしたが、どちらも美味い。
やっぱり使っているハチミツが違うせいか、風味に若干の違いはあった。

もし、北海道土産で生キャラメルを考えるのであれば、無理に花畑牧場の物でなくても良いのではと感じた。


・くいしんぼうのエスカロップ
弟子屈市街にある洋食屋「くいしんぼう」
そこで初めて、エスカロップを食べました。
エスカロップは根室ではメジャーな食べ物ですが、それ以外ではまず見かけない物。
どんな食べ物かは写真を見ていただければ分かるかと。
P1000970.jpg
卵とバターで炒めたご飯の上に豚カツがのり、そこにデミソースがかかっています。
なぜ、エスカロップという名前がついたか私は知りませんが、美味しかったです。
ある意味これも、郷土料理の一種なんだろうな。。。


【つづく】

スポンサーサイト
| 05: 48 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:6 | Page Top▲|

2008/08/25
毎年北海道に行っていると、確実に太って帰ってきますw
今回も、帰ってきてから体重計に乗ると5kgも増量していました。

そんなこんなで食べ物編は数回に分けて書いていこうと思います。

・日航ノースランド帯広の朝食
初日は夜に帯広入りし、そのままホテルにチェックイン。
翌日の朝は、バイキング形式の朝食で、和洋中で構成されています。
080812_084234a.jpg
地元北海道の食材を多く使っているようで、とても美味しかったです。

・JA中札内直売所の枝豆ソフト
中札内村の国道沿いを走っている時、「枝豆ソフト」の看板を見つけました。
そこは、JA中札内の直売所。中札内で取れる黒枝豆を使った商品が置かれていました。
P1000902.jpg
枝豆ソフトですが、枝豆の味があまり目立たないようにされていたので、サラッと食べれることが出来ました。
バランスよく作られていて、予想外に美味しかったです。

・柳月スイートピアガーデン
三方六で一躍有名になった柳月。
音更に柳月の工場に併設されたスイートピアガーデンがあります。
工場見学も出来るらしいのですが、今回はそこで食べられるパフェを食べに行きました。
DSC03622.jpg
やっぱり北海道で食べるデザート系は格別に美味い!
それと、どういうわけか関東に比べると値段が安い!
ちなみにここでは運がよければ、三方六の製造段階で出た切り落としが手に入るかもしれない。

・ウトロの道の駅で買ったエゾ鹿バーガー
ウトロの道の駅で休憩した時に売っていたので、思わず買ってみました。
この手の商品は以前にも食べたことがありますが、この数年で道内各地で浸透してきたみたい。
P1000930.jpg
ほとんどクセが無い肉です、普通に食べられるし美味しいです。
エゾシカが増えて農作物に被害が出ているようですが、多少は食用として使っても良いのではと考えますが、あくまでも野生動物ですからやり過ぎないようにしてほしいものです。

【つづく】
| 00: 29 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:4 | Page Top▲|

2008/08/24
北海道から帰ってきて1週間、なんだか関東も北海道みたいに涼しくなってしまいましたね。

旅行記を書こうと思ったのですが、ダラダラ書くのも何なので幾つかのカテゴリに分けて書こうかと思います。

まずは温泉。
7日間で9つの温泉に入ってきました。

・オンネトー温泉 景福
足寄から弟子屈に抜けるR241から逸れて、オンネトーに行く途中にある温泉。
以前から入りたかったのですが、今回ようやく叶いました。

DSC03628a.jpg
お風呂は内湯と露天がそれぞれ別の場所にあります。内湯は男女別ですが、露天は混浴です。

DSC03625a.jpg
内湯を覗いてみましたが、なかなか良さそうでした。ただ、今回は露天に入りたかったので諦めました。
DSC03626.jpg
その露天風呂ですが、思っていた通り広いお風呂でした。
お湯は仄かに硫黄の香りがして、温泉に入った気分アップです(笑)
このときは曇り空の中から時々晴れ間も見え、涼しい風も吹いてきてとても気分が良かったです。

最初には行ったときは自分一人だけでボーっとしていたのですが、次第に人が入ってきて落ち着かなくなって来たので退散。

・コタン温泉 某民宿
いつも弟子屈にくると必ずお世話になる民宿。
ここのお風呂は温泉で、近くのコタンの露天風呂と同じお湯。
泊まるたびに入る温泉、とにかく落ち着くお風呂。

・ウナベツ自然休暇村保養所温泉
過去の記事でも時々紹介している温泉。
何度も来ているが、やっぱり入った時に得られるお肌ツルツル感は良い。
唯一の欠点は、風呂が狭いこと。
今回は時期的に結構込んだいましたが、人がいないときに行けばとても落ち着く温泉です。

・羅臼温泉 ホテル峰の湯
今回初めて入ったお風呂、その1。
以前から写真とかで露天風呂が良い感じだったので行ってみました。
お湯は文句無しなのですが、内風呂は少々イマイチ。期待の露天も思っていたより・・・
正直期待はずれ(笑)
個人的には隣の、らうす第一ホテルの方が良いと思います。

・川湯温泉公衆浴場
今回も行ってきました川湯の公衆浴場
相変わらずのパンチの効き具合、お風呂に浸かっていると竜の刺青の入った人が入ってきたwww
今回変わった点といえば、入浴料が250円(前は200円)に値上げしていたことくらいか。

・オーロラファームビレッジ
今回初めて入った温泉、その2。
以前から話に聞いていた温泉で、今回ようやく行くことができました。
標茶からR274を鶴居に向かうと入口の看板が出てくるが、そこから林道を数キロ走らなくてはいけない。しかも途中から結構タイトな道になるので、バイクと自転車はきついかもしれない。
ここはコテージなどを備えた屋外施設で通年営業らしいが、冬に来る時は相当な覚悟が必要かも。
センターハウスで500円を払い説明を聞き、車で更に敷地の奥へ行くと混浴露天と男女別露天の建物がそれぞれ見えてくる。
DSC02540a.jpg
混浴露天が誰もいなかったのでそちらに入ることにした。
お湯はモール泉と思われる茶褐色の湯で、入るとはだがツルツルになる。
DSC02543a.jpg
ツルツル度はウナベツと同じレベルと思ってよい。
DSC02544a.jpg
しかも、道東の原生林を眺めながら入るお風呂は最高である。

また行きたい・・・。

余談ではあるが、カーナビで検索するとバブル崩壊で開発が頓挫したゴルフ場に案内されるので注意が必要である。

・亀の湯
今回初めて入った温泉、その3。
080815_150512a.jpg
弟子屈の中心部からチョット離れた公衆浴場。
しかしお湯はちゃんと温泉である。
凄かったのは、玄関を開けるといきなり脱衣所だったこと。
午後の時間帯で誰もいない上、浴室は電気がついてなく暗かった。
080815_150314a.jpg
しかも電気のスイッチらしきものが無く、番台のおばちゃんもどこかに行っちゃうし(笑)
結局、しばらく浸かって出て来ました。
ちなみにお湯はチョット熱めで、チョット鉱物系の匂いがしたかな。

・三香温泉
屈斜路湖の和琴半島近くにある温泉旅館。
実は昨年末に閉館する筈だったが、売却先が見つからず今も営業中。
ここの露天風呂は最高である、故にファンも多いらしい。
正直、今回は入れるとは思わなかったので、入れてよかったです。
露天風呂は男女別、敷地内で自噴してると思われるお湯はとても良い。
天気はあいにくの雨模様だったが、晴れた日に入ると最高である。

出来ることなら、冬の時期に入りたかった。

・味幸園
以前に紹介したことのある標茶の温泉。
オーロラファーム同様、モール泉と思われる茶褐色の湯である。
しかし、こちらの方が色が濃い。
今回比較して分かったが、ツルツル度はウナベツやオーロラファームよりも上ではないかと感じた。


以上が今回入った温泉の感想であるが、今回近くを通りながら入れなかった温泉が幾つかあったが、今後へ持ち越しになった。
そう思うと、道東には何度でも入りたくなる温泉ばかりだと改めて実感した。
| 01: 20 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

2008/08/20
日曜日の夜に北海道から帰ってきましたが、落ち着いて旅行記を書くにはもう少し時間が掛かりそうです。

せっかく頂いたコメントもレス出来ず、申し訳ありません。
必ずレスはします。


今回の旅行でも色々あったので、ちゃんと書くつもりでいます。



今しばらくお待ちください。。。
| 01: 05 | 日記・エッセイ・コラム | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2008/08/17
20080817221536
いま着きましたよ。
気温22℃って言うけど、嘘でしょwww
蒸し暑すぎ!
| 22: 15 | 携帯から… | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

2008/08/17
20080817125644
| 12: 56 | 携帯から… | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2008/08/16
20080816135438
| 13: 54 | 携帯から… | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2008/08/15
20080815122507
根室にいないけど、初エスカロップです。

(o^-')b<ウマー
| 12: 25 | 携帯から… | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

2008/08/14
20080814144252
今年初の生さんま。
(o^-')b<ウマー
| 14: 42 | 携帯から… | トラックバック:0 | コメント:4 | Page Top▲|

2008/08/12
20080812120444
売店に入るのに30分待ったけど、生キャラメルは諦めます。
_/ ̄|〇
| 12: 04 | 携帯から… | トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top▲|

2008/08/12
20080812085413
車の量が以外と少ない。
| 08: 54 | 携帯から… | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2008/08/11
20080811201529
気温16℃ってw
東京の半分だよwww
| 20: 15 | 携帯から… | トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top▲|

2008/08/11
20080811180248
今から帯広へ、ブーンしますw
| 18: 02 | 携帯から… | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2008/08/11
明日というか、実際には今日なんだけど、北海道に行ってきます。

会社が変わって、夏休みが8月に固定になってしまったので、この時期に旅に出るなんて十数年ぶり。
実際どのくらい混んでいるのか、まったく分からない状態なので早めに行動しないとね。

ただ、飛行機が夜の便なので余裕はあるかな。

今回は、帯広IN、釧路OUT。
道東をメインに温泉と食、そして己の小ささを改めて実感してきます。

そういえば、しばらくわざわざ的な出来事が起きてないなぁ。

3年前に起きた、出来事がまた起きないとも限らないし(笑)
| 01: 51 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

2008/08/10
オリンピックが開幕しましたね。

まだ、競技が始まったばかりですが、中継を見ても最後までじっくり見ようという気にはなれませんでした。

前回のアテネ大会のときほどは、興味が薄れている感じなのかもしれません。

個人的には、冬季の方が好きなので2010年のバンクーバーが楽しみだったりします。

閑話休題

最近、オリンピックなどの国際大会を前に、参加する代表選手達の声から、こんな言葉を耳にします。

「・・・・・を楽しんできます。」

的な言葉をね。

まぁ、最初は良いと思っていたんですよ。
しかし、よくよく考えてみると競技者が「楽しむ」的なことを言うのは、どうよ?って感じになってきました。

辞書で調べると・・・。

たのし・む【楽しむ】
1 満ち足りていることを実感して愉快な気持ちになる。「独身生活を―・む」「休日を―・む」「余生を―・む」
2 好きなことをして満足を感じる。「読書を―・む」「ドライブを―・む」

3 先のことに期待をかけ、そうなることを心待ちにする。「子供の成長を―・む」

4 富む。裕福になる。


こう書かれています。

競技ってさ、勝負の世界ですよね?
勝負の世界って、楽しむ暇あるんですかね?
例えばF1の中継で時々、ピットのレースエンジニアとドライバーの無線でのやり取りが流れるけど、どう聞いても楽しんではいませんよ。

私が子供の頃、運動会の徒競走の時だって遅い足で必死に走って、楽しんではいませんでしたよ。

スキーの草レースに出る事になったときも、練習の時は必死で楽しむ所では無かったし、本番当日も思い起こせば苦しかったような気がする。

不甲斐ない成績で終わった選手が「楽しめました」的な言葉を発するのは、正直どうかと思います。
確かに必死にやって、充実感は残るかもしれない。しかし、勝負に負ければ悔しさが残るのが普通だと思うのですが・・・。
柔道の谷選手が、銅メダルに終わってほとんど笑顔を見せませんでしたが、あれが本来の姿だと思います。

勝負の世界で唯一楽しめるとしたら、頂点に立ち、勝利の気分に酔いしれた時だけだと思います。

もしかしたら、勝負の世界で「楽しむ」は勝利者のみだけが許された言葉なのかもしれない、なんて思ったりしました。


オリンピックの中継をちまちま見ながら、そんな事を感じていました。
| 02: 58 | スポーツ | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

2008/08/03
確か、一昨年の11月くらいから、昨年の今頃まで吸ってなかったんですよ。

このまま辞められるかな?なんて思っていたけど、当時は就職活動がうまくいってなく、ストレスが溜まってついつい煙草に手を出してしまった。

今の仕事に就いてからも、1日数本程度ではあるが煙草を吸っていた。


朝、仕事前に1本。
仕事が終わった後、家に帰る前に1本。


そんな感じでね。

それが、7月の頭を最後に、まったく吸っていない。
特に辞めようと決めたわけでもなく、ごく自然な形で吸わなくなっている。

たぶん、オフトレの為にジムに行く頻度が増えているので、それが吸わなくなった原因だと思う。
確かに身体を動かした後は、精神的にスッキリしている。

以前は仕事とかで疲れたりすると、まず落ち着く為に1本って感じだったが、どうもそれでは良くない事に気付いたのもその頃から。
なんかね、吸った後って口の中は変な感じになるし、身体も重くなったような感じになるんだよね。

この前も飲み会の席で、煙草のキャンペーンだと言ってサンプルを頂いたのだが、やっぱり封を開けずにそのままにしてある。

また、煙草が値上するしないといった話も聞くし、このまますんなり吸わなくなれば良いんだけどね。
やっぱり時々、吸いたくなるなぁ・・・。
| 23: 50 | 日記・エッセイ・コラム | トラックバック:0 | コメント:6 | Page Top▲|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。