--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --: -- | スポンサー広告 | Page Top▲|

2010/07/19
土曜から日曜にかけ、こいつのお陰でダルダルでしたわ。

おともdeマイル割引

9月に北海道行くから、発売日が2ヶ月前の9時30分からで、それがたまたま昨日だったのです。

ネット限定と席数限定てのが懸念はしてたけど、以前にもコレを買った事があったので、楽観的だった部分はあったかもしれない。

でも、やっぱり前の晩は横になっても寝れず、気が付けば、朝(笑)

6時過ぎからPCの前でgdgdして、発売時刻前には、117で時報を聞きながらスタンバイ。時報と同時にポチッとしたけど、ダメだったねwww

瞬殺ですよ。

他の割引のやつも駄目で、残ってるのは、正規運賃と割引率の低いものだけ。

9月の連休初日分ていうのもあって、この結果なんだけどね…。仕方がないと受け止めるしかない。

それにしても、正規運賃が異常に高いと思うのは私だけでしょうか?

羽田-釧路間39000円(片道)
スポンサーサイト
| 07: 37 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2009/10/16
9月の道東旅行で当然の如く羅臼に行ったのだが、漁火祭りの会場にもなっていた昨年完成した新埠頭。
rausu001.jpg
あまりにも近代的な建物なので、知床羅臼とは思えない光景(笑)
ハッキリ言ってしまえば、最果て感台無しである。

まぁ、漁業関係者から見れば天候に左右されない全天候型の施設は念願だったろうから、仕方ないか。

私が羅臼に初めて訪れたのは96年の夏。
当時からこの施設の建設工事はやっていた。10年以上の時間を掛けて作られたのだ。

rausu003.jpg
96年以降、毎年夏の時期に羅臼に来ているが、知床が世界遺産に登録される直前くらいから、大きく変わったような気がする。

それまでは、観光は反対側のウトロがメインで羅臼は通過点でしかなく、町自体も漁業メインの雰囲気だった。
ここで、昆布漁のバイトとか民宿で居候みたいなことをして滞在していた事があるんだけど、
なんか筋が一本通って頑固で、厳しさの中に優しさがあって、一言で言えば、とても人間臭い町で好きなんだわ。

そんな羅臼が観光にも力を入れるようになった訳よ。
個人的には、交通も不便だし「来たい奴だけ来れば良いじゃん!」的なスタンスで良かったのに・・・と思ってしまう。
rausu002.jpg
観光協会も若い人達が凄く頑張っているみたいだし、偶然にも根室海峡にクジラやシャチが来るようになった。

毎年現地で感じるのは、観光客が少しづつではあるが増えていると思う。

漁業の不振は続く中、観光で町が潤ってくる事は良いことなんだけど、町が変に開発されてしまうのは良くない。
rausu004.jpg
道の行き止まりがある相泊までの道も、以前は海沿いの良い感じの道だったのだが、今では各所でトンネルが通り、風景が変わってしまった。


長々と書いてしまったが、東の端っこで現時点では国境の町という最果て感バッチリなんだから
普通の港町にはなってほしくないのだ。

【しまい】
| 00: 02 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2009/10/12
9月の話ですが、モブログでの更新もありましたが、北海道に行ってました。

今回は一人旅だったのですが、旅先でのまさかの体調不良!

終わってみれば、悔いの残る旅になってしまいました(泣)

2日目までは何の問題もなく楽しんでいたのですが、3日目の朝から食欲が低下、4日目の早朝には遂に嘔吐!
その後はOPPが続き、正露丸を飲んでからは快方に向かうのですが、食欲はなかなか戻りませんでした。

体調の話は置いといて、今回は飛行機が希望していたのが取れず(単に予約するのが遅かっただけ)釧路入り女満別出で、帰りの飛行機が朝イチという何とも言えないパターンw

天候が良かっただけに、体調を崩したことが悔やまれます。

今回尋ねたのは・・・
・釧路湿原細岡展望台
・南蛮亭
・スカイロード
・炭鉱が見える所
・千代の浦漁港
・六花亭(春採)
・すしバーさんと行った、ホルモンがやたらある焼肉店
・すしバーさんと行った、銭湯
・ヤムヤム海運店のザンギ弁当
・900草原
・摩周湖第1展望台
・クリーム童話
・川湯温泉駅
・硫黄山
・砂湯
・池の湯(今思えば、清掃されていたので入ればよかったw)
・コタンの露天風呂
・さくらの滝(今思えば、近くに熊がいた可能性大)
・峰浜の直線道路(ここに観光バスが来るなんて終わってるw)
・知床峠
・相泊
・羅臼漁火祭(昨年新埠頭が完成して最果て感減った)
・古多糠のお気に入りの場所
・中標津サウスヒルズ
・ミルクカフェホルスタイン
・北17号
・養老牛温泉湯宿だいいち(入れなかった(泣))
・養老牛の「牛」
・仁伏の玉砂利の温泉
・屈斜路原野の国道から1本奥に入った眺めの良い道路
・女満別朝日が丘展望台
・オホーツク温泉翁荘(残念ながら休み)
・網走道の駅
・北見トリトン
・美幌CITY
・美幌温泉峠の湯

行った順番で、こう書き出してみると、結構色んな所に行ったな。

そういや、途中から急に寒くなった。
とにかくあり得ないくらい寒くなった、フリースを持っていたらまた違っていたのかも。


こんな旅でした。

やっぱ、次は真冬の道東に行きたいわ。

【しまい】
| 00: 43 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2009/09/18
おはようございます。

今朝の釧路は曇り、時々晴れ間が見える感じ。

さっきまで朝食を食べてました。

釧路に来たときは大体同じホテルに泊まっているんですが、
年々朝食が充実しているような気がする。

特に和食の充実がすごい。


昨夜はすしバーさんに約1年ぶりに会ってきました。

焼肉屋さんに行ってきたんだけど、昼が昼だっただけにどうかなと
思ったけど、ホルモン系中心でたべました。

もともとホルモン系は得意じゃなかったけど、食べてみると結構イケルw

聞いた事の無かった部位とかも食べたんだけど、美味しかったです。

そのお陰か、今朝起きたとき胃がもたれてない。

昨夜は色んなお話ができて楽しかったです。

平日にもかかわらず会ってくれたすしバーさん、ありがとうございました。


さて、今日は弟子屈に向かい、いつもお世話になってる民宿に泊まります。
| 09: 31 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2009/06/10
「なまら蝦夷」という名の本があります。

北海道のガイドブック的な情報誌で1996年に創刊号が出て、今年7号が発売されました。

北海道で「旅人宿」を営む宿主や旅人が参加して作られた本です。
写真は一切ありません。イラストと文章のみの本ですが、内容はかなり濃いです。

あと、参加している宿主や旅人のコラムを読んでいると、旅に対する考え方や楽しみ方が
個性的に綴られていて非常に面白い。
中には北海道での生活に関するコラムもあって、関東に住む私とっては最初は驚きの連続でした。

創刊号が出た96年。私は初めて北海道に上陸し、約3ヶ月にわたって道内を旅しました。
ある宿で偶然この本と出会って読んでからは、北海道の旅がさらに深く楽しいものになり、
結果私を「道東」の虜にさせてしまった一冊になりました。

あれから十数年経ち、友人知人も出来て、様々な地域・生活・風習を見る度に慣れた部分もあれば、
いまだに驚きや発見もあって、いまだに私を飽きさせません。

とにかく、家で「なまら蝦夷」を読んでいると北海道に行きたくなるのだ(笑)

さて、今年は道東に遊びにいけるかなぁ・・・?


なまら蝦夷7号なまら蝦夷7号
(2009/04/20)
なまら宿主46人

商品詳細を見る


なまら蝦夷


北海道で一番びっくりしたのは・・・

縁日で売ってるアメリカンドックに普通に砂糖をかけて食すること。
| 00: 35 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:6 | Page Top▲|

2009/05/16
連休の頃の話・・・。

池袋東武で北海道物産展をやっていたので、ちょっとだけ覗いてきました。

やっぱりというか、お約束というか凄い人で混雑していました。
当然、人混みの苦手なオイラにとってはあまり良くない環境なので、さらっと見て廻ってソフトクリームを買って帰るつもりでした。

ただ、その中でとっても気になった物があったので、思わず買ってしまいました。


生キャラメル三種。
P1010503.jpg
P1010504.jpg
・シレトコファクトリー生キャラメル(塩)
・シレトコファクトリー生キャラメル(期間限定サクラ)
・ノースプレインファーム生キャラメル(プレーン)


シレトコファクトリーは中標津で製造販売しています。
昨年夏、北海道に行ったときに偶然見つけ、その時はミルクを買ったのですが、とても美味しかった。
今回、売り場にあったのが「塩」と「サクラ」。
サクラはホワイトチョコが入っているんだけど、それがどうもしつこ過ぎる感じがした。
個人的には正直言ってナシかも・・・。
逆に塩のほうは、程よい後味スッキリ感は良かった。塩味が邪魔しなくて上手くバランスが取れていると思う。
甘いものが少々苦手な方も、多分受け入れられるんじゃないかと。

ノースプレインファームは興部町の牧場。
もともと乳製品には定評があったみたい。今回物産展でもソフトクリームを販売していて、
食べてみたが美味しかった。
今回買ったプレーン、結構濃いく後味もしっかり残る。まさにキャラメルって感じ。

塩とプレーン、なんだか両極端の味だったのでどちらが良いか判断するのは難しいが・・・

まぁ、どっちも美味しいということでwww







| 00: 43 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

2008/10/25
9月のお彼岸の頃に、どうしても行かなくちゃ行けない用事が出来てしまい
8月に続いて北海道に行って来ました。

天気も安定してとても過ごしやすかったです。
何より嬉しかったのは、虫があまり飛んでない!

今回は2泊3日の超ショートスケジュール!
日程的に結構きつかったのですが、少し時間ができたので中標津にある「ミルクカフェ・ホルスタイン」に再び行ってきました。

DSC04380.jpg
お店のスタッフとも少しだけですが、お話ができました。
埼玉から来たことを言うと、ビックリしてました(そりゃそうだ(笑))

P1010030a.jpg
今回は、サンデーを頂きました。(ピンボケしてる(泣))
道東の青空の下で食べたサンデー、とっても美味しかったです^^

来年も営業をするみたいなので、また行ってみたいです。

その後、開陽台に向かいましたが、やっぱり開陽台は晴れたときが一番だと改めて実感。
DSC04391.jpg
こんな日は国後島がバッチリ見えちゃいます。
日本国内で唯一、身近に外国を実感してしまう場所。
それが、根室管内。


もちろん、中標津の「花まる」にも行ってきました。
P1010027a.jpg
生にしん!
生のにしんのにぎりなんて初めてですわ。
新鮮じゃなきゃ食べれないそうで、今回は網走産と出ていました。
味はたんぱく、特にこれといったくせもありませんでした。


中標津には何度も来ているけど、やっぱりまだ行ってみたい所がたくさんあるような気がする。
自分が知らないだけで、魅力的な場所がまだるんだろうなと思ってしまう。

やっぱり、真冬の時期に行ってみたい・・・。
| 01: 45 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:4 | Page Top▲|

2008/10/02
久々の旅行記(笑)
8月の旅行でこんなことがありました。

ある日の夕方、弟子屈の街のはずれにある、某大学の牧場に行ってみました。
そこは道路のすぐ脇に、ダチョウのゲージがあって車から降り、近くでダチョウが見れたりします。

で、ダチョウをしばらく見てたんですよ。

そこには、2羽のダチョウがいました。
DSC02591.jpg
なんだか、後ろのダチョウ(後に分かるがオス)が事ある毎に私のほうを見つめるんですよ。
俺はダチョウじゃねぇよ(笑)

しばらく見ていると・・・

DSC02600.jpg
ん?・・・しゃがんだ。

DSC02602.jpg
ペタンと座っちゃいましたね・・・
てゆうか、不穏な動きになってきましたよw

DSC02603.jpg
ちょwwwまさかwww

DSC02604.jpg
ハイ、始まってしまいましたね。 (゚∀゚;)
ダチョウの交尾。。。

DSC02605.jpg
これがまた小刻みに振るんですよ、腰を。。。

DSC02606.jpg
もうね、まわり見えてませんよw

DSC02607.jpg
すぐ隣のゲージで「行為」を見つめる、彼。

我々の目の前で繰り広げられた「行為」は思っていたよりも早く終わってしまい
その後、何も無かったかのようにゲージ内を歩く2羽。。。


これぞ!道東で見れる自然の神秘(笑)

違いますね・・・。


【しまい】
| 00: 26 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:4 | Page Top▲|

2008/09/25
2週にわたって遠出をしたせいか、寝込んでしまいました(笑)

8月の旅行の続きをやらないといけませんねw

釧路での2日目。
この日は埼玉へ帰る日だったけど、乗る飛行機が最終便とあって時間的にはかなり余裕。
朝から、すしバーさんと帯広までドライブ。

さすがにお盆とあって国道は少し混雑していました。
お昼を過ぎた頃に、帯広に到着。
数日前に最初に来たのが帯広で、また戻ってきた。とても不思議な感じ。。。

・桔梗
帯広に来たら定番の桔梗さん。
今回頂いたのは2品。
P1000989.jpg
ごぼう天と冷たいお蕎麦。
いつ来ても美味しいお蕎麦と初めて食べたごぼう天。
からっと揚げたごぼう天の食感とお蕎麦の組み合わせはとても良いです。

P1000984.jpg
蝦夷豚丼
貴重な豚肉を使った豚丼。
正直言ってしまえば、今までの豚肉のイメージを変えてしまうくらいの豚肉。
放牧された豚のようなので、肉は締まっています。
かなりグレードの高い豚丼。
ただ、桔梗さんのノーマルの豚丼も美味しいので、もしかしたら好みが分かれるかもしれません。
個人的な感想ですが、蝦夷豚丼の肉の旨みも良いが、ノーマルの豚丼の熟成された肉汁も捨てがたい気もする。

桔梗さんで食事をした後って「帯広に来てよかった」と、いつも感じる・・・。
桔梗さん、ありがとうございました。

・クランベリーのよみたんソフト
過去に何度か紹介した紫芋のソフトクリーム。
相変わらず、紫芋の味が濃い。
しかも、いつ来ても味が一定しているというポテンシャルの高さは凄いと思う。

・放送禁止2
午後、釧路に戻ってすしバーさん宅でしばらく談笑。
その間にDVD「放送禁止」などを鑑賞してみたり。。。
放送禁止2 ある呪われた大家族放送禁止2 ある呪われた大家族
(2006/08/25)
心霊

商品詳細を見る

普段、この手の作品はあまり見ないのだが、ついつい見てしまった。
映像の中に細かくちりばめられた伏線的な「点」が、最後に全て繋がった時の戦慄。
今回の旅の中で、ビジュアル的には最も印象に残っている。

食べ物の話じゃないけど(笑)

・長之助
夕方、居酒屋チェーン「長之助」へ。
個室のテーブル席にはテレビが標準装備。
ここで五輪の女子レスリングの某姉妹選手の妹の金メダルの瞬間を見る。

P1000990.jpg
らーめんサラダ。
どうも釧路では、らーめんサラダは当たり前の存在らしい。
以前、泉屋でも食べたのを思い出した。
はっきり言ってしまえば、冷やし中華である。
でもやっぱり、中華風のサラダドレッシングがかかっているからサラダのようだ。

P1000992.jpg
つくねにマーマレード。
以前、すしバーさんのブログでも紹介していたと思うが・・・。
アメリカンドッグに砂糖をまぶして食べる道東ならではの発想なのか?
ビジュアル的にかなりインパクトがあるw
果たしてこれがどの程度注文が来るのかは知らないけれど、最近出てきたものではなさそう。
食べてみた感想は・・・。
まずくは無い。でも、とびきり美味い訳でもない。
別にメニューに無くても問題は無いと思う。


今回も、いろんな物を食べてきました。
例の如く、帰ってきてから体重計に乗ったら5kgも体重増になっていました(爆)


【しまい】
| 00: 54 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top▲|

2008/09/08
だいぶ間が開いてしまいましたが、続きですよ。。。

旅行の終盤に釧路では、すしバーさんに久々に再会です。

・麺処初代まこと屋
すしバーさんと再会して、すぐに行ったのはラーメン屋でした。そこは住宅街の一角にある、アパートの1階を店舗にしていました。
080816_133110.jpg
私が食べたのは、濃厚魚介醤油らーめん。
思っていたよりは、魚介の風味は無かったです、そうですねぇ・・・札幌の「零」に近い感じでしょうか。
相方が食べたつけ麺のスープの方が、魚介の味が前面に出ていた印象です。
また釧路で美味しいラーメンを教えてもらいましたよ。
ちなみに、お店の場所は結構分かりにくいかもしれません。

・六花亭釧路店喫茶室
釧路で甘い物といえば六花亭になるかもしれません、その喫茶室でお茶をしました。
春採湖そばの高台に建つお店で、喫茶室からの眺めはとても気に入ってます。
P1000983.jpg
そこでは私はパフェを、相方とすしバーさんがワッフルを食べました。
ワッフルですが、サイズ的には大きいほうだと思います。私も少し食べましたが結構食べ応えはあると感じました。
味は、甘さ控えめで飽きの来ない味だと感じました。

・焼肉用精肉専門店
その日は、すしバーさんの「金玉のデカいお友達」さんのお宅のBBQに招待され、差し入れの肉を買いに行きました。
買いに行った先のお肉屋さんというのが、焼肉用のお肉を専門的に扱うお店。
この形態のお店は初めて見ました、店内では鶏豚牛羊など各部位が揃っていました。
しかも味付の肉もありました。焼肉用というより、BBQ向けのお店。
BBQが良く行われる北海道ならではのお店でした。

・住宅街でBBQ
夕方から「金玉のデカいお友達」さんのお宅の庭先でスタート。
お友達さん一家と楽しくBBQですよ!
しかも炭火の網焼き(笑)

住宅街の中で煙モクモク・・・でも、ご近所からは何も言って来ない。

これが道東クォリィティwww

関東でやっていたら、近所からクレーム物ですよw

ラム肉や豚串を食べ久々にサッポロクラシックを飲んでみたり。。。
お友達さんの奥さんが連呼した

「大丈夫!消耗品だから!」

私のツボにハマったりwww

しばらくしたら、雨がポツポツ降ってきたので家の中に移動。
奥さんの新潟の実家から直送のコシヒカリのご飯がやたらと美味かったり。
金玉の部分がやたらと伸びたジーパンに遭遇できなかったりw
私の言動で息子さんの心を鷲掴みした感じになったりw

色々と楽しい時間を過ごしました。
ありがとうございました。


【つづく】
| 01: 10 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:5 | Page Top▲|

2008/08/30
さて、食べ物編の続きです。

・キンキの湯煮
例年同様、知床羅臼では民宿を営む知人宅にお世話に。

夕食時に出てくるのは、もちろん・・・。
DSC03629.jpg
キンキの湯煮!
もちろん羅臼で獲れた高級魚、普段は滅多にお目にかかれないですね。
最近では漁獲量も減ってきているとかで、将来は本当に幻になっちゃうかも。

お味はというと、言うまでもなく一級品。
この日の夕飯は、海産物をいやと言うほど頂きました(笑)


・べつかいのこめちち屋さん
野付半島のネイチャーセンターで相方が発見した飲み物。
どうやら、牛乳とお米の加工品をブレンドした飲み物らしいです。
P1000945.jpg
P1000946.jpg
先に相方が飲んだのですが、あまり良い顔をしませんでしたw
試しに私も飲んでみましたが・・・。

微妙www

ハッキリ言って、牛乳は単体で飲むべきだと思いました。。。

ちなみに、ここで食べたミルクソフトはとっても美味しかったです(笑)


・根室花まる中標津店
道内には、美味しい回転寿司のお店が多くありますが、個人的には「花まる」はかなりのオススメです。
元々、根室のお店ですが、最近では札幌にも進出しているようです。
今までは根室まで行かないと堪能できなかったのですが、今年に入って中標津に店舗をオープンしたとの情報を入手していた我々は、早速行ってきました。
P1000952.jpg
これからの時期は、秋刀魚です!
もちろん、花まるでは根室で水揚げされた物を使っています。
普段、地元で食べる秋刀魚の寿司とは次元が違うw
気が付いたら、二人でスゲー食ってたwww

ちなみに、道東で回転寿司といえば「花まる」の他に・・・
釧路「まつりや」(敬意を込めて「バカ寿司」)
北見「トリトン」
これらは、鉄板。


・ミルクカフェ ホルスタイン
中標津空港の近くに「道立ゆめの森公園」があります。
初めて行ったのですが、夏休み中でなんだか中標津じゅうの子供が来ているんじゃないかというくらいの混みよう。
その中に「ミルクカフェ ホルスタイン」があります。
DSC02401.jpg
中標津周辺の乳製品を扱うカフェです。
P1000957.jpg
メニューはこんな感じ。
私はミルクもち、相方はヤギのミルクを頂きました。
DSC02403.jpg
ミルクもち、きな粉と黒蜜で頂きます。
温かく牛乳の味がして、美味しかったです。
P1000959.jpg
ヤギのミルク、私も一口だけ飲みましたが少々クセがあるようです。

個人的にはオススメですが、どうやら期間限定の営業らしいので、事前に確認した方が良いと思います。


・生キャラメル2種
旅行中に、ひょんな事から今話題の生キャラメルを食べることができました。
DSC02539.jpg
ひとつは、花畑牧場の生キャラメル。
実は旅行の序盤に、中札内にある花畑牧場に行ってきたのですが、あまりの混雑に驚愕して何も買わずに滞在時間約30分で帰ってきました。
道内の空港でも売り切れ続出で、購入制限があるとか。ちなみに花畑牧場の売店では入場規制がある上、ひとり3個までの制限つきでした。
ちなみに今回この品は、ある方が女満別空港で偶然手に入れたものである。

もうひとつは、知床クローバーハチミツ生キャラメル。
これは私が、中標津開陽台で買ったもの。どうやら中標津周辺の物で作られているみたい。
これも結構売れていたようだが、前者に比べると簡単に買えた。

両方とも、値段と内容量は一緒。
製法はそんなに変わらないだろうけど、確かハチミツの出所が違うんだよな。
花畑牧場のはニュージーランド産のハチミツを使っているんだよね(テレビで見た)
知床クローバーの方は、地元で養蜂しているみたい。
車で移動中、中標津周辺で養蜂箱を良く見かけたのはこのせいか・・・。

実際食べ比べをしたが、どちらも美味い。
やっぱり使っているハチミツが違うせいか、風味に若干の違いはあった。

もし、北海道土産で生キャラメルを考えるのであれば、無理に花畑牧場の物でなくても良いのではと感じた。


・くいしんぼうのエスカロップ
弟子屈市街にある洋食屋「くいしんぼう」
そこで初めて、エスカロップを食べました。
エスカロップは根室ではメジャーな食べ物ですが、それ以外ではまず見かけない物。
どんな食べ物かは写真を見ていただければ分かるかと。
P1000970.jpg
卵とバターで炒めたご飯の上に豚カツがのり、そこにデミソースがかかっています。
なぜ、エスカロップという名前がついたか私は知りませんが、美味しかったです。
ある意味これも、郷土料理の一種なんだろうな。。。


【つづく】

| 05: 48 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:6 | Page Top▲|

2008/08/25
毎年北海道に行っていると、確実に太って帰ってきますw
今回も、帰ってきてから体重計に乗ると5kgも増量していました。

そんなこんなで食べ物編は数回に分けて書いていこうと思います。

・日航ノースランド帯広の朝食
初日は夜に帯広入りし、そのままホテルにチェックイン。
翌日の朝は、バイキング形式の朝食で、和洋中で構成されています。
080812_084234a.jpg
地元北海道の食材を多く使っているようで、とても美味しかったです。

・JA中札内直売所の枝豆ソフト
中札内村の国道沿いを走っている時、「枝豆ソフト」の看板を見つけました。
そこは、JA中札内の直売所。中札内で取れる黒枝豆を使った商品が置かれていました。
P1000902.jpg
枝豆ソフトですが、枝豆の味があまり目立たないようにされていたので、サラッと食べれることが出来ました。
バランスよく作られていて、予想外に美味しかったです。

・柳月スイートピアガーデン
三方六で一躍有名になった柳月。
音更に柳月の工場に併設されたスイートピアガーデンがあります。
工場見学も出来るらしいのですが、今回はそこで食べられるパフェを食べに行きました。
DSC03622.jpg
やっぱり北海道で食べるデザート系は格別に美味い!
それと、どういうわけか関東に比べると値段が安い!
ちなみにここでは運がよければ、三方六の製造段階で出た切り落としが手に入るかもしれない。

・ウトロの道の駅で買ったエゾ鹿バーガー
ウトロの道の駅で休憩した時に売っていたので、思わず買ってみました。
この手の商品は以前にも食べたことがありますが、この数年で道内各地で浸透してきたみたい。
P1000930.jpg
ほとんどクセが無い肉です、普通に食べられるし美味しいです。
エゾシカが増えて農作物に被害が出ているようですが、多少は食用として使っても良いのではと考えますが、あくまでも野生動物ですからやり過ぎないようにしてほしいものです。

【つづく】
| 00: 29 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:4 | Page Top▲|

2008/08/24
北海道から帰ってきて1週間、なんだか関東も北海道みたいに涼しくなってしまいましたね。

旅行記を書こうと思ったのですが、ダラダラ書くのも何なので幾つかのカテゴリに分けて書こうかと思います。

まずは温泉。
7日間で9つの温泉に入ってきました。

・オンネトー温泉 景福
足寄から弟子屈に抜けるR241から逸れて、オンネトーに行く途中にある温泉。
以前から入りたかったのですが、今回ようやく叶いました。

DSC03628a.jpg
お風呂は内湯と露天がそれぞれ別の場所にあります。内湯は男女別ですが、露天は混浴です。

DSC03625a.jpg
内湯を覗いてみましたが、なかなか良さそうでした。ただ、今回は露天に入りたかったので諦めました。
DSC03626.jpg
その露天風呂ですが、思っていた通り広いお風呂でした。
お湯は仄かに硫黄の香りがして、温泉に入った気分アップです(笑)
このときは曇り空の中から時々晴れ間も見え、涼しい風も吹いてきてとても気分が良かったです。

最初には行ったときは自分一人だけでボーっとしていたのですが、次第に人が入ってきて落ち着かなくなって来たので退散。

・コタン温泉 某民宿
いつも弟子屈にくると必ずお世話になる民宿。
ここのお風呂は温泉で、近くのコタンの露天風呂と同じお湯。
泊まるたびに入る温泉、とにかく落ち着くお風呂。

・ウナベツ自然休暇村保養所温泉
過去の記事でも時々紹介している温泉。
何度も来ているが、やっぱり入った時に得られるお肌ツルツル感は良い。
唯一の欠点は、風呂が狭いこと。
今回は時期的に結構込んだいましたが、人がいないときに行けばとても落ち着く温泉です。

・羅臼温泉 ホテル峰の湯
今回初めて入ったお風呂、その1。
以前から写真とかで露天風呂が良い感じだったので行ってみました。
お湯は文句無しなのですが、内風呂は少々イマイチ。期待の露天も思っていたより・・・
正直期待はずれ(笑)
個人的には隣の、らうす第一ホテルの方が良いと思います。

・川湯温泉公衆浴場
今回も行ってきました川湯の公衆浴場
相変わらずのパンチの効き具合、お風呂に浸かっていると竜の刺青の入った人が入ってきたwww
今回変わった点といえば、入浴料が250円(前は200円)に値上げしていたことくらいか。

・オーロラファームビレッジ
今回初めて入った温泉、その2。
以前から話に聞いていた温泉で、今回ようやく行くことができました。
標茶からR274を鶴居に向かうと入口の看板が出てくるが、そこから林道を数キロ走らなくてはいけない。しかも途中から結構タイトな道になるので、バイクと自転車はきついかもしれない。
ここはコテージなどを備えた屋外施設で通年営業らしいが、冬に来る時は相当な覚悟が必要かも。
センターハウスで500円を払い説明を聞き、車で更に敷地の奥へ行くと混浴露天と男女別露天の建物がそれぞれ見えてくる。
DSC02540a.jpg
混浴露天が誰もいなかったのでそちらに入ることにした。
お湯はモール泉と思われる茶褐色の湯で、入るとはだがツルツルになる。
DSC02543a.jpg
ツルツル度はウナベツと同じレベルと思ってよい。
DSC02544a.jpg
しかも、道東の原生林を眺めながら入るお風呂は最高である。

また行きたい・・・。

余談ではあるが、カーナビで検索するとバブル崩壊で開発が頓挫したゴルフ場に案内されるので注意が必要である。

・亀の湯
今回初めて入った温泉、その3。
080815_150512a.jpg
弟子屈の中心部からチョット離れた公衆浴場。
しかしお湯はちゃんと温泉である。
凄かったのは、玄関を開けるといきなり脱衣所だったこと。
午後の時間帯で誰もいない上、浴室は電気がついてなく暗かった。
080815_150314a.jpg
しかも電気のスイッチらしきものが無く、番台のおばちゃんもどこかに行っちゃうし(笑)
結局、しばらく浸かって出て来ました。
ちなみにお湯はチョット熱めで、チョット鉱物系の匂いがしたかな。

・三香温泉
屈斜路湖の和琴半島近くにある温泉旅館。
実は昨年末に閉館する筈だったが、売却先が見つからず今も営業中。
ここの露天風呂は最高である、故にファンも多いらしい。
正直、今回は入れるとは思わなかったので、入れてよかったです。
露天風呂は男女別、敷地内で自噴してると思われるお湯はとても良い。
天気はあいにくの雨模様だったが、晴れた日に入ると最高である。

出来ることなら、冬の時期に入りたかった。

・味幸園
以前に紹介したことのある標茶の温泉。
オーロラファーム同様、モール泉と思われる茶褐色の湯である。
しかし、こちらの方が色が濃い。
今回比較して分かったが、ツルツル度はウナベツやオーロラファームよりも上ではないかと感じた。


以上が今回入った温泉の感想であるが、今回近くを通りながら入れなかった温泉が幾つかあったが、今後へ持ち越しになった。
そう思うと、道東には何度でも入りたくなる温泉ばかりだと改めて実感した。
| 01: 20 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

2008/08/11
明日というか、実際には今日なんだけど、北海道に行ってきます。

会社が変わって、夏休みが8月に固定になってしまったので、この時期に旅に出るなんて十数年ぶり。
実際どのくらい混んでいるのか、まったく分からない状態なので早めに行動しないとね。

ただ、飛行機が夜の便なので余裕はあるかな。

今回は、帯広IN、釧路OUT。
道東をメインに温泉と食、そして己の小ささを改めて実感してきます。

そういえば、しばらくわざわざ的な出来事が起きてないなぁ。

3年前に起きた、出来事がまた起きないとも限らないし(笑)
| 01: 51 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top▲|

2008/05/01
先日、地元の仲間内で集まって飲み食いしていたんですが
みんなと話しているうちに、結構南の島好きが多い事に気付いた。

まぁ、私は夏の間、地元ではあまり人と接しないからなぁwww

中には、毎年沖縄などに行っている人もいたりして。


南国特有の時間の流れ、とか。

青い空、青い海、とか。

確かに魅力的ですよね。

それに冬の間、雪山に通っているとその反動で、暖かいところに行ってみたくなるものです。


石垣とか西表とか行ってみたいと思ったりもします。


今年の夏は・・・。











やっぱ道東に行こう!(ヲイ)



自分の中では南の島よりも、北海道は上位であって、中でも道東は外せないからね。
| 23: 21 | 北海道 | トラックバック:0 | コメント:8 | Page Top▲|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。